金豚をテーマにした2019豫園提灯祭り

  • 2019年01月23日更新

今年の旧正月は2月5日だ。上海市民の年越しにとって欠かせないイベントの「2019豫園新春民俗芸術提灯祭」は、据付が終了してテストの真っ最中だ。今年の提灯祭は「金豚で建国70周年を迎え、改革開放を再出発」をテーマに、1月下旬から点灯開始される予定だ。豫園福佑路での入り口は、すでに新春の雰囲気で盛り上がっている。(中国では2019年を「豚年」と言う)

 

写真提供:東方網

豫園中心広場の提灯は、大まかな形ができあがった。華宝楼西ベランダには国旗や万里の長城などのデザインの提灯があしらわれ、中華人民共和国建国70周年をイメージしている。

 

写真提供:東方網

豫園の中も春を迎える雰囲気が漂う。

 

写真提供:東方網

今年中国で超人気のキャラクター豚のペッキーだ!

 

写真提供:東方網

ペッキーのアニメは大人から子供まで全部楽しめますので、豚年に一番相応しいです。

 

写真提供:東方網

九曲橋の辺りには、上海ブランド腕時計、サンタナ乗用車など、上海らしさに溢れた提灯もじょじょに形を現わしている。

 

写真提供:東方網

提灯前で記念写真を撮る観光客。

 

写真提供:東方網

1930年代の九曲橋を歩いてみませんか?老上海の雰囲気がいっぱいだ。

 

写真提供:東方網

九獅楼前の広場には巨大な提灯が据え付けられ、喜ばしい雰囲気を盛り上げている。

 

写真提供:東方網

提灯前で記念写真を撮る観光客。

 

写真提供:東方網

ハート形の提灯もありますよ、ここで告白したら必ず成功するでしょう~

 

写真提供:東方網

いろんなB級グルメが販売されている和豊楼は家族全員揃いをテーマにする提灯だ。

参考になりましたか?

-PR-