エクスプロア上海 TOP > PR広告特集 >日本が誇る省エネ技術のプロ集団 「GGM」本格始動(前編)


(Bros Business 12月号特集)

 11月30日に大阪で開かれる「日中ビジネス・フォーラムin関西~日中環境・省エネビジネスの創造に向けて~」で、ひとりの台湾人が講演を行う。「GGM」を立ち上げた人物、孫継信氏だ。日本の技術により、中国でのESCO事業を推進することを目的に昨年結成されたGGMは、日本でも注目されるほどの一大組織となっている。今年は参加企業数が大幅に増加し、いままさに事業を拡大させようとしている。

ESCO事業とは
 ESCO事業とは、省エネルギーに関する包括的なサービスを提供し、利用者の利益と地球環境保全に貢献するビジネスで、利用者の省エネルギー効果の一部を報酬として受け取る(下表参照)モデル。すべての費用(建設費、金利、ESCO事業者の経費)を省エネルギー改修で実現する光熱水費の削減分でまかなうため、利用者にイニシャルコストが発生しない。さらに契約期間終了後の光熱水費の削減分はすべて顧客の利益となる。

 ESCO事業者の提供する主なサービスは、以下の通り。
    1.エネルギー診断にもとづく省エネルギー提案
    2.提案実現のための省エネルギー設計および施工
    3.導入設備の保守
    4.エネルギー供給に関するサービス
    5.事業資金のアレンジ
    6.省エネルギー効果の保証
    7.省エネルギー効果の計測と徹底した検証
    8.計測・検証に基づく改善提案


上海エクスプローラー社に提供中のバックナンバー特集記事をはじめ、豪華連載陣による中国ビジネスインサイトがぎっしりの「Bros Business」は、毎月中国全土の主要都市に向けて発行されています。
「Bros Business」定期購読のお申込みは、下記までお問い合わせください。

Bros Business事業部
Tel:021-6385-1568
Mail:info@worldbros.com



エクスプロア上海TOP][エクスプロア中国トラベル ホテル&航空券][エクスプロア中国ビジネス

Copyright(C) since 1998 Shanghai Explorer